あがり症と脇汗の意外な関係とは? 

あがり症の原因と克服・改善方法ナビ k (2)
あがり症とは、多くの人の前で話したり、結婚式のスピーチや会社のプレゼンなどのプレッシャーがかかる場面で、過度に緊張することで激しく動悸したり大量に発汗する症状です。

他にも様々な症状がありますが、今回は発汗、その中でも脇汗に関して話させて頂きます。

男女関係なく、脇汗を大量にかいているのを人に知られるのは恥ずかしいモノです。

生理現象なのだから仕方ない、と割り切ることが出来れば良いのですが、そう簡単にはいかないのが人の心です。

そこで知って頂きたいのは、大量に脇汗をかく原因にはあがり症が関わっている可能性があると言うことです。

スポンサーリンク
egao-lifeレクタングル大

どうしてあがると汗をかくの?

あがり症の人が緊張したとき、暑くもないのに汗をかいてしまうことがあります。

これには理由があり、緊張した際に分泌されるノルアドレナリンと言う物質がその原因です。

ノルアドレナリンが分泌されると自律神経のうち交感神経が優位に立ち、それによって心拍数が上昇して動悸が激しくなったり、体が震えたりします。

そして、このノルアドレナリンが汗腺を刺激することで、大量に発汗するのです。

つまり、あがり症による大量の脇汗を根本から改善するには、あがり症自体を克服する必要があると言えます。

物理的に対策可能

前述のように根本的な解決にはあがり症の改善が不可欠ですが、当面の問題解決としては他にも方法があります。

具体的には、脇汗パッドや制汗スプレーなどを使用することです。

脇汗パッドはブラウスやワイシャツが濡れることを防ぎ、制汗スプレーは臭いを抑えることが出来ます。

こう言った対策をするだけでも、かなり違うと思います。

余計な心配をしないで済む分、心にゆとりが生まれるかもしれません。

そうして一時的に問題を棚上げしている間に、あがり症の克服に努めてみて下さい。

病院にいって医師に相談し、どう言った手段で改善を目指すかを知ると良いでしょう。

自分で調べていろいろと試してみるのも一つの手ですが、早期解決を望むなら専門家の話を聞くのが一番だと思います。

スポンサーリンク
egao-lifeレクタングル大
egao-lifeレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする